1. グロリアスドライヴ

  2. ワールドガイド

  3. 基礎ルール

ルール

ダイス

ここでは、グロリアスドライヴで使用されるダイスの表記について解説しています。

【1D100】 判定に使用するダイス(サイコロ)のこと。
 10面体のダイスを2つ使用し、片方を10の位、片方を1の位として、1~100までの乱数を得ます。
【1D6】 判定に使用するダイス(サイコロ)のこと。
 6面体のダイスを1つ使用し、1~6までの乱数を得ます。
【1D10】 判定に使用するダイス(サイコロ)のこと。
 10面体のダイスを1つ使用し、1~10までの乱数を得ます。

基本システム

グロリアスドライヴの世界において、キャラクターたちは、事件を解決するために様々な行動を行います。その時の行動が成功したか、あるいは失敗したかを判断する基準となるのが基本システムです。

基本判定

何かの行動が成功するかどうかの判定が、基本判定となります。
基本判定は使用する能力値と1D100の合計値が、設定された難易度以上となっていれば、行動は成功となります。
なお、息をする、普通に歩くといった、判定を必要としない自動的に成功するような行動を行う際には、判定は発生しません。

クリティカル
判定時の1D100の値が、96から100だった場合、その行動はクリティカルになります。
クリティカルが出た場合、その難易度に関わらず、行動は成功となります。
ファンブル
判定時の1D100の値が、01から05だった場合、その行動はファンブルになります。
ファンブルが出た場合、その難易度に関わらず、行動は失敗となります。

対抗判定

行動は、本人だけで完結せず、競い合う相手が存在することもあります。戦闘において攻撃を行い、それが命中したか、回避したかを決める判定はその最たるものといえるでしょう。
このような複数人が関連し、行動の成否がそれぞれの判定結果で左右されるような状況を判定するのが、対抗判定です。

対抗判定を行う場合、対抗判定を行うそれぞれが、『使用する能力値』と『1D100』の合計値を求めます。
この合計値を比較し、より合計値が高いキャラクターの行動が成功となります。
なお『行動しようとする側』と『阻止しようとする側』の合計値が同じ値であった場合、『行動しようとする側』の行動が優先して成功します。
クリティカルが出た場合、相手の値によらず、クリティカルを出した側の行動が成功となります。
双方がクリティカルだった場合、行動しようとする側の行動がクリティカルで成功した扱いになります。
ファンブルが出た場合、相手の値によらず、ファンブルを出した側の行動は失敗します。
双方がファンブルだった場合、行動しようとする側の行動がファンブルで失敗した扱いになります。
対抗判定のスキップ
状況的・能力的に判定を行うまでもなく、各種対抗行動が不可能であると判断された場合は、自動的に失敗扱いとなります。
この場合、判定が行われないため、クリティカルもファンブルも発生しません。

一般行為判定

戦闘行動以外の、料理や運動といった様々な行動を判定するルールが、一般行為判定です。
一般行為判定を行う場合に使用する能力値は、「キャラクターレベル×2」となります。
これに基本判定に従い、1D100の値を足した合計値をもとに、成功したかどうかを判定します。
一般行為判定で対抗判定を行うこともでき、この場合は「キャラクターレベル×2+1D100」の値を対抗判定に従って比べあい、結果を判定します。
「種別:一般」のスキルによる修正
「種別:一般」のアクティブスキルを装備していると、特定の行動を行う場合に、有利になることがあります。
一般行為判定を行う場合、装備してきている「種別:一般」のアクティブスキルのうちどれか一つを選び、スキルで解説されている値を行為判定の値に加えることができます。

負傷状態

戦闘や危険な状況に出会うことにより、ライセンサーはケガを負う場合があります。
その負傷による影響と、回復について、解説しています。

負傷

負傷とは、ケガなどにより生命力が低下した状態です。最大値は低下しません。つぶやきで発言することで最大値まで回復します。
負傷そのものはライセンサーに対して特に影響を与えませんが、生命力が0以下になっている場合、負傷状態判定が発生し、気絶や重体、最悪の場合死亡する可能性があります。 負傷状態判定

重体

容易には回復しないほどの致命傷に近い怪我を負ってしまった状態です。しばらくは安静にしている必要があります。
もし依頼を受けている最中であれば、サポート役にまわることが適切でしょう。 高価な回復アイテムを使えば回復できる場合もあります。
効果:回復するまでの間、すべてのステータスの上限が2割になります。回復までの期間は基本的には現実時間の5日間となりますが、それよりも長期間、回復にかかる場合もあります。 コンテンツは通常どおり利用可能です。

再起不能

ライセンサーとして活動するには致命的な怪我を負い、SALFからライセンスの停止を通告された状態です。
日常生活を送る上では問題ありませんが、ライセンサーとして依頼を受けることはできなくなります。
本部に職員やサポートメンバーとして残ることはできますが、依頼に参加している場合は中断し、引き返すことが推奨されます。
効果:イベントおよびシナリオへの参加が不可能になります。その他の交流コンテンツへの参加は可能です。 (小隊には参加できるが、イベント、シナリオへの参加は不可能になります。)

死亡

大きな負傷を負い、キャラクターが死亡した状態です。
効果:キャラクターとしてログインできなくなります。
推奨ブラウザ:GoogleChrome最新バージョン